工学部

環境エネルギー

Daiichi Institute of Technology

Faculty of Engineering

Department of Civil and Environmental Engineering

環境エネルギー工学科

都市環境エンジニアリング分野/クリーンエネルギー分野

災害に強い街づくり、住みよい環境の創造、そして、地域の発展に情熱を持った学生を求めています。卒業後は、建設会社、コンサルタント、県庁や市役所などの公的機関に就職、あるいは、各地の大学院に進学します。

道路や橋、トンネルなどの社会基盤である土木構造物を安全に経済的に造るだけではなく、環境を考えた設計や施工が必要不可欠な時代になってきています。そのためには、設計から施工そしてその後の維持において自然環境をいかに守り、環境の変化をいかに最小にできるか予測する技術が重要となります。土木技術だけではなく環境にも配意し、地域を総合的にデザインする技術者を育成します。

学科長メッセージ

環境エネルギー工学科 学科長
教授難波 礼治
Reiji Nanba

土木環境技術者に求めるニーズは多様化し従来の枠組みを超え、都市の創造、環境の保全と共生、さらに、原初から工夫された動力の源、エネルギーの在り方までを扱う学問体系が必要となってきました。そこで当学科は「自然環境工学科」から「環境エネルギー工学科」に移行し、「都市環境エンジニアリング分野」と「クリーンエネルギー分野」を新設することで、上記課題に挑戦いたします(申請中)。歴代学科長の創意工夫を継承した学科運営・学生教育に努めたいと思います。さらに「個性を伸ばし、自信をつけさせ、社会に送り出したい」という学園創設者の理念のもと、一人一人を十分に生かし、伸ばす教育を行ってまいります。本学科は文武両道のもと、多くの部活動で活躍する学生が在籍しております。その精神は社会に出た際、大きく評価されています。ものづくりに興味がある受験生の皆様、迷ったらどうぞ、環境エネルギー工学科へ。

それぞれの分野について

  1. Area01 都市環境エンジニアリング分野 Built Environment Research Area

    構造力学、土質工学、水理学などの基礎科目、緑地環境工学、環境アセスメントなど環境系科目、さらに土木情報学など融合科目の教育研究を行います。これにより、AIやデータサイエンス導入によって急激に発展するi-constructionに対応するとともに、自然と社会に配慮する視線を持ち、防災・減災・復興に必要な融合領域を運用できる技術者を育成します。

    詳しくはこちら
  2. Area02 クリーンエネルギー分野 Advanced Automobile Engineering Area

    快適で安心・安全な暮らしを守るためにはエネルギーに対する理解も必要となります。そこで、クリーンエネルギー分野では、エネルギー源、エネルギー循環、エネルギーバランス、カーボンニュートラル、エネルギーをめぐる国際情勢などを教授し、エネルギーについての素養を身につけた技術者を育成します。

    詳しくはこちら

卒業後の進路

  • 三井住友建設株式会社
  • 東急建設株式会社
  • 鉄建建設株式会社
  • 国家公務員(二種)
  • 鹿児島大学大学院
  • その他多数

取得可能な資格

  • ★測量士補
  • ★環境再生医(初級)
  • ★樹木医補
  • ◯技術士補
  • ○宅地建物取引士
  • ○生物分類技能検定(2級)
  • 〇2級ビオトープ管理士(指定科目受講で試験問題50%免除)
  • ○2級土木施工管理技士(卒業後、実務1年で、2次試験の受験が可能)
  • ■技術士(建設部門、環境部門)
  • ■1級土木施工管理技士
  • ■環境再生医(中級・上級)
  • ■1級ビオトープ管理士
  • ■コンクリート技士
  • ★指定科目受講で卒業時に得られる資格
    • ○在学中に取得可能  ■その他(一部を除き、実務経験が必要)

卒業生の声〜夢を叶えた先輩たちのメッセージ〜

  • 環境エネルギー工学科

    (勤務先)
    国土交通省
    2021年卒業
    加世田 悠斗Yuto Kaseda さん
    勉強だけでなく、充実した4年間

    高校在学中から土木に興味があり、土木の知識を深めるとともに、環境関係についても学びたく、土木システム、環境システム、植物バイオのコースがそろっている自然環境工学科に入ることにしました。入学後は高校では触れない高度な専門分野を学ぶことができ、また、サークルを通じて、色々な人と交流する機会が多くありました。就職に関しては、自分の足りないところを教職員の方々にサポートしていただき、第一志望に合格できました。新型コロナの影響で、登校する日が減ったことが残念ですが、充実した4年間でした。大学で学んだ事や経験を生かして社会人として頑張りたいです。

    開く
  • 環境エネルギー工学科

    (勤務先)
    福岡県 教諭
    2011年卒業
    荒巻 巧徳Tokunori Aramaki さん

    2011年 第一工業大学 工学部 社会環境工学科(現 自然環境工学科) 卒業

    2013年 大分大学 大学院 教育学研究科 修士課程 修了

    2014年 福岡県柳川市立柳城中学校 勤務 技術・家庭科(技術分野)担当

    教職は、子どもの可能性を切り開く創造的な職業であります。教員は、常に研究と修養に努め、専門性の向上を図ることが求められます。不断に最新の専門的知識や指導技術等を身に付けることも重要となっており、「学びの精神」がこれまで以上に強く求められています。 私は、本年度より初めて特別支援学級の担任をさせていただいています。最も大切なことは、個々の生徒の得意なことや不得意なことを把握することから始まります。生徒の個性を把握したうえで授業することの大切さを知りました。この経験を、これからのすべての授業に生かしていきたいです。  貴学にて、土木工学や環境学、教職を学びました。教職課程では、現場経験豊かな先生方からまだ見ぬ学校現場を想像することができました。一方で野球部に所属し、学生コーチとして、選手の悩みや課題の解消に努めました。 そして現在、私は教壇に立ち、授業をはじめとする様々な場面で学んだことが生かされている実感があります。貴学ならではの、学生一人一人の可能性を見出す教育は、自身が教諭となった今、改めて尊いものであると実感しています。

    開く
  • 環境エネルギー工学科

    (勤務先)
    三井住友建設株式会社
    2016年卒業
    池畑 雄太Yuta Ikehata さん

    2016年 第一工業大学 工学部 自然環境工学科 卒業

    2018年 宮崎大学 大学院 工学研究科 修士課程 終了

    2018年 三井住友建設株式会社 設計部 入社

    突然ですが、人との出会いは一生ものだと思います。第一工大に入ったのは高校の時、第一工大の先生に出会ったことでした(高校ガイダンス)。これまでも今後も長いお付き合いになると思います。みなさんに、いつ運命の出会いがあるか分かりません。現在の私があるのは、この出会いがあったからです。 さて、日本は災害大国です。昨今の地震や豪雨被害など、災害に加えて今後30年で70%~80%の確率で南海トラフ巨大地震が来ると言われています。防災のインフラ整備は急務の課題となっていますが、一方で、建設業界はピーク時の半分以下の従業者数と担い手不足が懸念されています。私たちが現在安全かつ安心で豊かに暮らしているのは先人たちが公共工事を行ってきたからです。これから50年~100年先の未来に向けて暮らしやすい世の中を創るために私たち若い世代が先人たちの教えを伝承しなければなりません。工学や土木環境、エネルギーに興味がある方がいらっしゃいましたら、第一工科大学の環境エネルギー工学科に入学されてみてはいかがでしょうか。

    開く

Message Teacher Yasuhiro Honda

安全・安心で快適な 暮らしのための地域をデザインする

本学科では、霧島市の豊かな自然をテーマとした研究· 教育をおこなっています。 土木・環境・エネルギーに関する工学的な知識や技術を学び、 明るく活気のある地域をデザインできる技術者の育成を目指しています。

准教授
本田 泰寛